HOME > 

保育士

保育士とは一般的に保育所や児童福祉施設において子供の保育をおこなう人のことを保育士さんと呼びます。また日本の中の国家試験の一つでもあるのです。

保育園が毎年毎年、待機児童が全国で何万人いるという形があまりにも当たり前になっています。それは保育園という子供を預かる場所が無いという事や子供の人数に比べて保育士さんの数が足りないという事も大きな理由になってきます。
それは現代ならではの子供の親が自己中心的すぎるモンスターペアレントとして扱いにくい親子になって保育園で大きな顔をしている人が増えている事や、保育士本人に対しての低待遇なども少なくなっている理由にあげられます。

保育園の形は認可保育園と認可街保育園施設というものがあげられますがこのような認可保育園意外の無認可保育園だったり病院内の保育施設だったりデパートなどの保育施設など子供を預かる場所というものは意外とたくさんの場所で聞きますし、必要ともされています。今認可保育園の待機児童がかなりの待ちになっていますので、このように、公立の保育園に行く事を諦めて無認可ですが地域の中にある児童を預かってくれる所に連れて行ってみてもらう用にしている人もふえています。そのような場所は無認可であっても、先生は保育士の資格を持っている人なので安心して仕事にいけるようになります。

ただ無認可なので国にお金をおさめるのではなくその園にきまっている金額を、時間や預かってもらっている日数などによってことなってくるものを支払うのです。認可保育のほうが安くなる事もあるので扶養内で働く場合には認可保育園に預けたいと考えている人が多いようです。保育士さんからすると、保育士を目指す人は認可保育園で正規職員を目指しているのですが、正規職員として雇われる事も地域によっては少なくなっており、そのような事もあるので、認可保育園で働きたいという感情がぶれて私立の保育園に就職活動したり、保育施設のような場所で扶養内で働くならパート感覚で勤めていたりするみたいです。そのような場合には派遣会社に登録して働きたい時に資格を生かして保育園や一時預かり場所のような会社を紹介してもらえるのです。

保育士さんは昔の呼び方は保母さんでしたが現在では、女性だけでなく男性の方も保育しの仕事を選んで働いている人も増えてきているので保育士という呼ばれ方に改正されたのです。

このページの先頭へ